サーフボード発送代行

オークションでサーフボードを売りたいけど梱包や発送はどうしよう・・・
LCCでトリップするけどサーフボードチャージが高い・・・
旅先にサーフボードだけ送っておきたいけど、どうすればいい??

現在大手の宅配便ではサーフボードの取り扱いをしない場合が多くなってきました。
また壊れやすいサーフボードの梱包をどうするか・・・
ホームセンターにもこれだけ大きいダンボール箱は売っていません。

そんな時はZENITH GARAGEの「サーフボード発送代行サービス」におまかせください。
サーフボードの梱包から発送手配まで、すべて代行させていただきます。

ご利用は簡単! 千葉市内の当店までサーフボードをお持ちいただくだけ。
海の帰りにでもお立ち寄りいただければ、最短で翌日には発送可能です。


■ご利用料金■■■■■
◎発送先が個人宛の場合
 基本送料+個人様宛配送実費+消費税
◎発送先が会社・商店宛または配送会社営業所留めの場合
 基本送料+消費税

■基本送料■■■■■
◎発送のみ/お客様が梱包したボードをそのまま発送いたします
 必ずエアパッキンとハードケースで梱包してください
◎梱包・発送/当店で梱包し発送いたします
 ボードのみお持ちください

■オプションチャージ■■■■■
◎基本送料は長さ6'4"(193cm)までのサーフボードになります
◎6'5"〜7'2"までは基本送料+2,500円になります
◎7'3"以上は基本送料の2倍になります


サーフボード発送代行 基本送料(税別)

発送のみ
(梱包済みのボード)
梱包・発送
(当店で梱包します)
関東(1都6県) 3,500円 5,100円
中部・甲信越 4,200円 5,800円
近畿・北陸・南東北 5,000円 6,600円
中国・四国・北東北 6,300円 7,900円
九州 7,400円 9,000円
北海道 8,900円 10,500円
沖縄(本島南部) 12,000円 13,600円

※長さ6'4"までのショートボードの基本送料です
※6'5"〜7'2"までは+2,500円(税別)、7'3"以上は上記の2倍の金額になります
※配送先が個人宅の場合、下表の「個人様宛配送実費」が加算されます
※表示の価格はすべて税別で別途消費税が加算されます
※お支払いは現金のみとさせていただきます(カード・着払い・代引き不可)
※離島・上記以外の地域は別途お見積もりいたします
※発送するサーフボードは基本的には当店までお持ちください
 引取をご希望の場合は別途料金がかかります
※幅52cm以上のボードや大きなオンフィンのボードはお預かりできない場合がございます
※オンフィンのファンボード、ロングボードはお預かりできません

個人様宛配送実費(税別)

6'4"までのボード 6'5"以上のボード
個人宅へのお届け 1,000円 3,000円
会社・店舗へのお届け 0円 0円
配送会社の営業所留め 0円 0円

弊社にてサーフボードの発送を依頼しております運送会社では、サーフボードを含む大型商品の個人宅宛の配送に、通常の配送料とは別の「個人様宛配送実費」が加算されます。
ただし「個人様宛配送実費」は、お届け先が「個人宅宛」の場合に限られます。
営業実態のある会社・店舗などが宛先の場合は適用されませんので、勤務先などにお届けが可能な場合はそちらを宛先にしていただければ「個人様宛配送実費」はかかりません。
また各地の営業所留めにつきましても適用されませんので、引き取りにいくことが可能でしたら、営業所留めもご検討ください。


※運送保険と補償に付いて
サーフボードには別途運送保険を掛けることができます(10,000円につき10円)。
ただし30万円以内で商品価格・価値以上の保険をかけることはできません。
もし紛失や破損があった場合は保険にて修理・補償が可能ですが、中古ボードの場合は小さなキズ・破損などは補償の対象外となります。
なお運送会社との補償の交渉は全て荷受人様でお願いいたします。

※お取り扱いできないサーフボード
・幅が53cm以上のボード
・6'5"以上でフィンの外せないボード・大きな固定フィンのボード
・ビンテージなど本来のサーフボード価格以上の価値があるもの
・その他当店の主観によってお受けできない場合がございます


サーフボードの梱包について

サーフボードはどのように梱包して発送されるのか
簡単に解説させていただきます

まずはボードにエアパッキン(通称プチプチ)を巻きます
でも・・・使うプチプチが他とはちょっと違います

Img_9145

写真の通りエアーがたっぷり注入された直径約30mmの大粒プチプチなのです
(この大きさだとプチプチではなくバチバチと音がします^^)

これでボード全体を優しく包み込みます
運搬時に下になるレール側は重ね合わせて二重にします

Img_9151

運搬時にテンションがかかるのはレールの最大幅のある位置なので、この部分にはもう一巻きエアパッキンを巻きます
これで下側は三重、上側は二重でしっかりガードができました

Img_9155

そして壊れやすいノーズとテールも大粒プチプチを重ね合わせているのでエアーの層ができしっかりガード
ここまで巻けば基本的に傷がつくことはありません

Img_9153 Img_9152

サーフボードのプチプチ巻き 完成!!

Img_9157

プチプチを巻いたサーフボードは専用のダンボール箱の中へ

Img_9162

ダンボールの中でボードが動き回らないように補助の箱を入れます
フィンや付属品がある場合はこの箱の中に入れています

Img_9163

最後に運送会社の方へのメッセージを貼付けて完了
宛先の地へと旅立っていくのでした

Img_9164

※上記と異なる梱包材・梱包方式の場合がございます
※ファンボードやロングボードなどはダンボールを2本つないで梱包します


営業カレンダー


  • 2017年10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31

    2017年11月
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    ショップ休業日
    営業時間変更日
    ☆最終更新日10月1日

BRAND